MRTミュージックスクール代表/ドラム科講師 丸田 啓

MRTミュージックスクール代表/ドラム科講師 丸田 啓

バンドの経歴

17歳の時にロックバンドでドラムを始める。博多という土地柄、めんたいロックの影響を強く受け、「ルースターズ」「モッズ」「ロッカーズ」「キッズ」etc…などをコピーしていた。大学進学後はヘビーメタルやハードロックの洗礼を受け、多くのオリジナルバンドで演奏し、ライブハウスへの出演も増えていった。その後21歳の大学卒業間際に「カリオストロ」というバンドに参加し、博多インディーズ初のCD製作や全国ツアーを行う。その間3枚のオムニバスアルバムに参加(グレイ、ペニシリン、シャズナ、ピエロ、ルアージュなども参加していた)。自身のバンドでも3枚のアルバムを出すも限界を感じ、メンバーを加え「A;rK」とバンド名を変え再出発するが、音楽性のズレにより解散・・・カリオストロに参加してから12年間続けたバンド活動に終止符を打つ。その後はロックを離れて、一新ジャズに転向。09年に「MRTジャズ倶楽部」の主催となり、各地で演奏を行い、10年は、福岡空港でのマンスリーライブを一年間行う。現在はJazzclubKINGFISHを大名エリアに2014年5月にオープンさせ、週末を中心に演奏をおこなっている。

今までやってきた音楽の仕事

22歳から多くのハウスバンド(ハコバン)のドラマーとして活躍する。『Your’s』という店では、カントリーミュージックやブルーグラスを中心とした音楽を演奏し、『MOMOTARO』は昔ながらのキャバレーで、ディスコ(ユーロビート)などの16ビート系の音楽を、『ON AIR』では、J-popを中心の音楽を、『ACID』ではファンク、R&B,、ブラックコンテンポラリー系の音楽を演奏する。『ON AIR』『ACID』は店の立ち上げから協力し、バンドをプロデュースする。その後、『CANDY』のドラマーとして洋楽~フォーク、GS、ジャズまで幅広く演奏する店で5年間勤める。またそれぞれの店で若手のドラマーを育成し、数名のプロドラマーを育てる。フリーのドラマーとしても活動しており、レコーディングやバンドクリニック、リズムセミナー、パーティーでの演奏やプロデュースなど多岐にわたる。

2006年の10月より、ドラマーに、より良い音楽空間を提供するためにMRTミュージックスタジオをオープンさせる。

2017年3月には2号店となるMRTミュージックスタジオ周船寺店をオープン!

今まで教えてきたこと

’89年にヤマハドラム科講師の資格を所得、その後17年間MRTミュージックスタジオをオープンさせるまで福岡の各地(北九州市、福岡市、二日市、柳川市etc)の音楽教室でレッスンを行う。また福岡市にある福岡スクールオブミュージック専門学校でも’98年~6年間非常勤講師として勤務、テクニック(ルーディメンツなど)を中心とした授業を担当する。また個人のレッスンは特に力を注いでおり、解り易く斬新なレッスン内容は生徒達から高い評価を受けている。他にもバンドクリニックやルーディメンツセミナー、2バスドラムセミナーなど短期集中型のレッスンも行ってきた。’80年~現在に至るまで約1000名以上の生徒を指導し、多くのプロドラマーも輩出している。

私の師匠について

20歳の時にヤマハ音楽教室へ入り、田山 宏史氏に出会う。(現在スタジオBeBopのオーナー、ドラムの講師としても活躍中)その後、個人的に教えてもらい、ドラムの基礎的な事を習う。

33歳の時、ジャズドラミングの壁にぶつかり、ヤス岡山氏に師事(フィリージョージョーンズ、アランドウソンを師にもつバークレー卒のドラマー。現在も北九州を中心に活躍中)。その後初の卒業生となり、アランドウソンメソッドを習得する。

同時期にクラシックにおける、スネアドラムの奏法を関 修一氏(現在、九州交響楽団のパ-カッショニストとして活躍、パールのモニターも勤める)に師事。スネアドラムのコントロールテクニックを習う。

38歳の時に、単身NYにジャズドラムの修行へ連日セッションに加わり、その間、NY在住ジャズドラマー鳥山 健明(タケアキ)氏に、譜面に対する表現方法や初見に対する考え方など、ジャズドラムに関する幅広いテクニックを学ぶ。

生い立ち

1966年10月4日生 小倉の記念病院で生まれ、3歳までを小倉で過ごす。その後、父の転勤に伴い福岡市の警固町へ。養巴幼稚園を卒園、警固小学校で1年間過ごした後、当時の宗像郡東福間団地に引っ越す。神興小学校に転入し、福間東中学校へ。中学時代はブラスバンドでトランペットを担当。しかし、新設中学の為活動がなく1年で退部、2年生からバスケット部に入り、ベンチを暖め続ける・・・。
高校は福岡県立新宮高校に入学。バレー部に入部するが、先輩と折り合いが合わずやはり1年で退部。その後は町道場で空手を始める。その当時友人と麻雀をする事が多く、その中の1人が「もっと高校生らしい事しようか!」と言い出し、それならバンドでもやろうか!ってノリでその場にいた4人で担当楽器を決めて、バンドを始めることに。はじめはギターを担当?!1回はライブをやったものの、ドラムの方に興味が出てきて転向。
ドラム人生の始まりです。
高校を卒業し福岡工業大学、電子工学科に入学。すぐにロック部に入部しバンド活動に明け暮れる。大学に入ってからすぐにバイクの中型免許を取得し、250ccのバイクを購入。九州一円をツーリングして回ったり、自分でエンジンを組み立てて草レースに出たりとバイクにも、かなりのめりこんでいく・・・。また在学中には教育方面にも興味があり、『高等学校教諭一種免許状(工業)』を取得する。自身の進路については大いに悩みエンジニアになるのか、教師になるのか、バイク屋に弟子入りするか、音楽の道を進むのか悩んだあげく、多くの人に直接夢を与える事が出来る、音楽の道を選ぶ。現在はMRT Entertainment 株式会社 代表取締役であり現役のJazz Drummer として活躍中!

趣味

「釣り」
オフショア(船釣り)を中心にやっております。
ヒラマサ、カジキ、GT等の大物から食べて美味しいムツやイカまで幅広く!
船舶1級も所持してます。

「料理」
好きが高じてランチ営業までやっていました(笑)
料理は大好きっていうより、作った料理で喜んでもらえるのが嬉しいですね!

「乗り物」
遠出も大好きです。車やバイクはついついカスタムしちゃいます(汗)

遊びは真剣に!
がモットーです!