ギター科講師 野口 裕介

ギター科講師 野口 裕介

音楽経歴

福岡県出身。

14歳でギターを手にし、バンド活動を開始。その後、ギターリストの内山覚氏との出会いがきっかけでジャズに興味を持つ。

2000年、バークリー音楽院に短期留学。帰国後、ギターリストの田口悌治氏に師事。

2002年より、福岡県内各地で講師活動を開始。以後、演奏活動の傍ら後進の育成にも力を注ぐ。

2007年、単独名義として初の来日公演を行ったDavid T. Walker氏のメロウかつブルージーなギタープレイと慈悲深い人柄に感銘を受け、その後、「心の師」と仰ぐこととなる。

現在、ビバップとブルースを基調とした正統派ジャズギタープレイヤーとして、ジャズクラブでのレギュラー演奏のほか、各地で精力的にライブ活動を行っている。